事例詳細 部品管理システム

  • 製造

物流

  • コスト削減
  • 業務効率化
  • 省エネ・エコ

製造業 多数の部品をバーコード管理する事で一元管理 作業の無駄を省き入出庫作業の効率UP! 煩雑になりがちな多品種の部品管理 在庫だけでなく、使用履歴、在庫検索までを効率化し、業務負担を解消!

課題

  • 保守部品の管理ができていない、誰がいつ、何を使用したか分からない
  • 在庫棚卸作業の負担が大きい

導入効果

  • 保守部品入庫~在庫~出庫までの全履歴を管理する事が可能に
  • 一元管理されているので、棚卸作業回数を減らす事が可能に

導入の背景・課題

入庫~出庫までの運用で無駄な作業や発生・・・効率的なシステムを要望

お客様からは下記の要望がありました。

  • どこにどの部品があるのか分からない。→必要部品を探すのに時間が掛かってしまう。
  • どの部品がいくつ在庫されているのか分からない。→在庫数が分からないので在庫があっても発注してしまう。
  • 誰がどの部品をいつ何個使用したのか分からない。→使用したい時に在庫部品が無くなっている場合がある。

これらの状況を改善するために、バーコードを利用した部品管理システムを検討されていました。


導入したシステムの概要

部品管理システム図

納入された部品に対し、部品登録とQRコードの発行、箱への貼り付けを行う。その後、倉庫にてハンディーターミナルから棚入れ、棚出し情報を入力。部品の在庫と製造へまわした数量などを管理している。

導入のポイント

QRコードを使用して入出庫作業の効率化を実現

部品入荷時に、入荷検品を行いQRコードを貼りつける事で、全ての部品に固有のIDを割り付け管理する事が可能です(同じ部品でも枝番で管理)。 部品には部品型名、枝番号等の他に入荷日やその他情報をバーコード化できる様に記録桁数の多いQRコードを使用しました。入庫製品をハンディーターミナルで指定すると、同じ種類の部品が在庫されている棚番号を表示し、その付近の棚に部品を保管する事で、品種を揃えた在庫を行う事ができました。
また、出庫時には「品種」「メーカー」「型番」等で在庫しているロケーションが検索可能となり、部品を探す手間を大幅に削減する事ができました。棚卸作業は棚バーコードと製品のQRコードをハンディーターミナルで読み取る事で棚卸作業が簡単に行えます。移動履歴、在庫検索一覧、CSV形式データの抽出等の機能があり、各種資料作成に活用できます。パッケージソフトウェアを使用する事で、短納期で信頼性のあるシステムの構築を可能にしました。


導入後の効果

ムダを省いてコストを削減

入庫~在庫~出庫までの作業履歴を一元管理することで、部品の発注漏れや在庫切れ、誤発注(二重発注)などのムダが無くなりコスト削減につながっています。 今回のソリューション導入コストも実績のあるパッケージを利用してコストを抑えて短期間で実現出来ましたので、トータルで非常に満足いただけました。

総合お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:06-6539-2718

Webでのお問い合わせはこちら

What's New

絞り込み検索(業種や導入効果などから絞り込み検索が可能です。)